<関根 幹雄 弁護士><浦 寛幸 弁護士>

関根 幹雄 弁護士




メッセージ


弁護士法1条は「弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」 と規定しています。その原点に立脚して、相談者・依頼者の皆様の公正・妥当な法的利益を最大限擁護するために頑張ります。 事件に取り組む姿勢としては、企業、市民が巻き込まれた紛争について、弱者保護の視点を持って、 できるだけ公正かつ妥当な解決を目指します。法的紛争をどのように、解決するのが最善なのか、その内容をご説明したうえで、相談者・依頼者の皆様と十分検討して納得いく解決を目指します。


経歴


日弁連・大阪弁護士会委員会所属

  • 1.平成6年4月~平成8年3月
            日本弁護士会連合会消費者問題委員会PL法担当副委員長
  • 2.平成9年4月~平成10年3月
            近畿弁護士会連合会消費者保護委員会委員長
  • 3.平成12年 近畿弁護士会連合会理事
  • 4.平成13年・14年 大阪弁護士会情報問題対策委員会委員長
  • 5.平成13年~平成16年
            大阪弁護士会弁護士報酬敗訴者負担制度反対運動本部事務局長
  • 6.平成17年4月~平成18年3月  大阪弁護士会副会長
  • 7.平成18年4月~平成22年3月
            大阪弁護士会 弁護士から警察への依頼者密告制度問題対策本部事務局長
  • 8.現在(大阪弁護士会) 
    • ①交通事故委員会・委員    ②刑事法制委員会・委員
    • ③消費者保護委員会・委員   ④貧困・生活再建問題対策本部
    • ⑤裁判員制度実施大阪本部委員

大阪弁護士会
専門法律相談制度 相談員登録


  平成28年度

著書


公職


浦 寛幸 弁護士




メッセージ


本来救済されるべき方や会社が様々な原因で救済されないケースが存在します。紛争となって初めて、「この証拠があれば!」とか「あのように行動していれば!」ということは、決して少なくありません。このような事態を避けるためには、紛争になってからではなく、紛争になる前から、弁護士のアドバイスを参考にして頂きたいと常々感じております。 私は、紛争になってからはもちろんのこと、紛争になる前から、今までの経験を生かした法的サービスを提供し、紛争の予防や紛争になった場合であってもより多くの方に法的な救済を受けることができるよう心がけていますので、紛争となる前であっても、気軽にご相談いただければと思います!


主要分野

 
 事業再生、契約法務、交通事故、相続、労働、離婚、消費者、破産

経歴


著書


公職